音楽の話を中心に・・・日々のことを徒然と

プロフィール

tamago♪

Author:tamago♪

ツイッターはこちら↓
 @musica_scape

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Recommend


別冊スキマスイッチ part 2 [DVD]

Recommend

スキマスイッチ(初回生産限定盤)(DVD付)

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

泡の赤は初

この間の月曜に、目黒にあるスパークリングの立ち飲みの店へ行った。
ちょっと前に友だちと飲んだ時、目黒にこーゆうお店があるから今度行こう! と言われてて。
で、その友だちが急に思い立って泡を飲みたくなったらしくお呼びが掛かった。


201009271906000.jpg


スパークリングに赤があるなんて初めて知りました。
あんまよく写ってないけど、これがその泡の赤です。
見た目もそうだし、味もしっかり赤ワインなのだけど、
でもちゃんとスパークリングっていう不思議。


そうそう、写真の左のはアンチョビキャベツなんだけど、これが美味だった!
友だちいわく、自分でキャベツとアンチョビで作っても、ここのとは何かが違うと。
塩コショウとか、あとちょろっと醤油入れたりとかするんだけど、何か違うんだとか。
そーなのかー。とにかく何かは分からないけれど、でも絶妙な美味さなのです。



201009271946000.jpg


赤があればロゼもあるのか。
さっぱりしててすごい飲みやすくておいしかったー。


立ち飲みなんだけど数席だけイス付きのカウンターがあって、その席は予約ができるらしく。
友だちがいつなら予約できるかと問い合わせたら、月曜なら空いてると言われてじゃあって。


月曜に予約入れるのすごいなーって思ったけど、それに呼ばれて行く私も私か(苦笑


入れ替わり等あったけど5、6人だったかな。
先着4名はイスってことであとは立ちというゆるい会。
そもそもメンバーも共通の集まりではなくて、
その友だちの趣味とか仕事とかのグループから2人ずつくらいに声が掛かったという、
横のつながりはないメンバーばかり。
だからみんな、その友だち以外とははじめまして状態っていう、
よく分からない、ゆるーい会(笑


それでも同世代女子が集まれば自然とガールズトークになるというもので。
異様に盛り上がったなー。
で、友だちの昔の職場の後輩くんっていう男の人も来たのだけど、
帰り道同じ方向だったので話を聞いたら、
その昔バンド活動やってたということでそこからライブの話が展開。
duoのあの柱はおかしいでしょ、とか(爆
でも、残念ながら(?)「人の夫」(←ガールズトークで盛り上がった女子命名)なんだな(笑



201009271951000.jpg


赤とロゼと、このあとここに白も加わりました(爆
赤は確かオーストラリア、ロゼは日本、でその白は・・・んーフランスだったか?(覚えてない
白が一番辛口で。
私は辛口派なので、これまた美味なり。


そして、ここのお店料理もほんとおいしくて。
立ち飲みの店だけど、おつまみだけではなくってちゃんとした料理も多くて。
しかも肉魚ともにけっこう充実してた。
エゾ鹿のソテーとかアクアパッツアとか(これほんとおいしかった!)
牛トリッパと牛スジのパスタとか(トリッパってなんだ?とにかく内臓系)


しっかり料理も食べたから、まあ標準的なお値段になったけど、
泡とつまみ系だけならけっこうリーズナブルにおさまるから2軒目にはぴったりですね。
って、私はこんなエリアで飲むこともまずないので、そうはいってもあまり意味ないけど。
だから逆に、予約してメインのお店として行くってのもありかも。


月曜なのに満席(席って言うのか微妙だけど・笑)だったから、
やはり人気なのかなー。でもほんといいお店だったなあと。
だいたい私のお店の知識は、この友だちから提供してもらってるので
またひとつ新たなお店が増えました(笑



スポンサーサイト
【 2010/09/30 22:21 】

food  | コメント(0)  |

心がざわめく

金曜日を前にして。


うれしくてざわめくならいいけど(そういうときはざわめくとは言わないのか?)
残念ながらそうではなくて。
どっちかというとある種の動揺に近い。



続きを読む ⇒
【 2010/09/29 23:38 】

suzumoku  | コメント(2)  |

12=3+3+2+2+2

201009262335000.jpg

沖仁さんのインストアライブを見に新宿タワレコへ。


お友だちとご一緒する約束をしていたのだけど待ち合わせ時間に遅れた私(ごめんなさい!


私が15分前くらいに着いたら、既にお客さんがけっこういて、
といっても、前から4、5列目だったのだけど。
これくらいなら普通はそんなに見えないということもないのが、
この日は私が普段見るようなインストアとは違って
男性のお客さんがとても多かったということもあり、
直接ステージの沖さんの演奏を見ることはできず・・・(ほんとにごめんなさい!


でも、ここ新宿タワレコは春にsuzumokuのインストアを見たのだけど、
そのときと同じくステージの後ろにクリアビジョンがあって映像を映してくれるので
それで一応演奏を見ることはできました。


13時ライブスタート、沖さん登場。
「立って聞いていただいて申し訳ない」みたいなことおっしゃってましたね。
確かに沖さんのコンサートはスタンディングってことはないのでしょうし。
しかも、「踊れる音楽でもないし・・・」とも。
んー、確かに、フラメンコ音楽なのだけど、我々踊れませんしね(笑


曲目はまったく分からないので割愛。
ベスト盤に入ってる曲とか、最新アルバムのクラシックメドレーとか。
あと最初は即興的に演奏しましたとおっしゃってたかな。
クラシックメドレーは、丸ビルで聴いたあれです(9/6 CLASSY CONCERT参照)


途中で、フラメンコ音楽レクチャー(笑)がありました。
フラメンコギターの代表的な奏法、ということでいくつか紹介。
情熱大陸でもありましたね。


2本の指(人差し指と中指)で弾く「ピカード」
これはまあ、誰でもできますと(笑


そして、弦を押さえてパーカッシブな音を出す「タパオ」
これも、難しくないと(苦笑


で、一番フラメンコっぽい「ラスゲアード」
親指で下から上に弾き、次に残りの指で上から下に、最後に親指を上から下に。
情熱大陸ではここまでは説明なかったので、へぇ~ってトリビア(←懐かしいなー)状態でした。
適当にかき鳴らしてるのではなかったのですね


これも、手をぶらぶらーってさせて弦に近づければできるので簡単ですと
って、そんなわけないでしょう(笑



そして、フラメンコの音楽は、最初よく分からなかったと。
それはなぜかというと、12拍子という独特の音楽にある。


これ、オンガクのDNAのときにも出た話ですね(9/5 鍵は12拍参照)


でもこの日は、その12拍について詳しく語ってくださいました。
代表的な曲(なんて言ってたっけ? ソレアじゃないよね? 忘れちゃった)は
1、2、、4、5、、7、、9、10、11、12
というリズム。
3、6、8、10、12にアクセントがつく。
時計の盤面をイメージしていただくとわかりやすいですと。


で、それが速くなったのが(たしか)ブレリアだったと思うのですが、
速くなるとこれを「いちにいさん」とはとても数えられない。


なので、分かってくれとは言いませんが・・・と
だいぶんはしょりましたが、色んなお話してくださいました。


この12拍のアクセントの話聞けてよかったー。
もちろんすべて分かったというわけではないけど、
でも、そーゆうことだったのかーとこれまたトリビア的な感じで。


つまりは3、3、2、2、2、っていうリズムの組み合わせ、変拍子ってことか。
でもクラシックの変拍子でもこのリズムはないし、だいたいアクセントが後ろにつくってのも違う。
4拍子なり3拍子は最初にアクセント(って別にアクセントつけてるわけじゃないけど)がある。
最初の1拍が強くて、あとは弱くっていうあれですね。
あと、12拍子はクラシックでも決してないわけではないけど、
でもだいたい8分の12とかだから全然違う音楽だし。

だから、この、1、2、、4、5、~っていうリズムは
確かにTheフラメンコって感じがするなあと。
あっ、3で大きくなってるけどギャグではありませんので(笑



クラシックメドレーは、このレクチャーのあとに演奏したので、
なんかこのリズム(アクセント)をすごいはっきり弾いていたように感じたのですが
気のせいかなぁ。。。


それにしても、繰り返しになるけど、アンチカバーというか、
クラシックもオリジナル派のこの私だけど
(吹奏楽で吹奏楽用の曲はオリジナル、オケの曲を吹奏楽用にアレンジしたものをアレンジと言うのだけど
私は断然オリジナル派。アレンジは無理があると思っているのであまり好きじゃない)

このメドレーはほんとかっこよかった。
2回目聞いてもそう思った。
ほんとすごい。


ちゃんとフラメンコの音楽にのせて演奏されてたからだと思います。
吹奏楽じゃないクラシックでも、色んなアレンジとかされてるのを色々聞いたことあるけど、
どれをとっても好きになれなかった私が、これはもう、文句なく素晴らしかった


話戻るけど、ベスト盤からの曲は、すごいしっとりした感じで、
あー、こーゆう曲も弾いてるんだーと。
これもけっこう好きでした。



最後にサイン会。
またまた参加しなかった私(爆)、その様子だけ眺めてましたが、
沖さん左利きなのですね!
丸ビルのときにもサイン会あったの見たけど、これから始まるってところで帰っちゃったから
サインしてるところを見たわけではなかったのだ。


別にだからどうってわけじゃないのだけど、びっくりしたっていうただそれだけです。


あっ、また話前後してるけど、最後の曲のとき沖さんお客さんに手拍子を求めて。


これやりたかったんだー。
情熱大陸のエンディングでツアーの模様が映ったのだけど、
そのとき会場のお客さんが沖さんの演奏に合わせて
タン、タン、タ、タ、タ、タン、タンって手拍子するのがあってすごい楽しそうだったのだ。
まあこの日は普通のリズムで叩いただけだったので、
ほんとはリズム変えるやつがやりたかったのだけど。
でも楽しかったので満足です


うー、いつかコンサート聞きたいーーー。
でも、もはやチケット取るのも難しそうだし、いつになることやら。。。


この日は、その丸ビル公開録音のオンエア日だったので、
ここでまたもう一度演奏が聴けて、一日沖さんのギターにひたることができて幸せでした








【 2010/09/26 21:14 】

live  | コメント(4)  |

出遅れてるけど2

もうだいぶ時間が経ってしまってるけど。
これは書かないわけにはいかない。
の割には後回しにされてたけど(爆)ようやくここで。


First Full Album 発売決定!!!
11月17日(水)発売
『MY MIND WANDERS』
NFCD-27289 ?3,000(税込)
1.My Mind Wanders
2.オールライト
3.メトロ
4.急に石が飛んできて / Rhapsody Falls / 罪
5.Last One
6.Head to Toe
7.Nothing Is Coming
8.夜のページ
9.Tokyo to Tokyo
10.Life
11.どこへ



Peridots公式HPより。


ちゃんと年内にリリースしましたよ!
2月にクアトロであったライブで、年内に出しますと言ってましたが
ちゃんと公約果たしましたね(笑


って、さらっと書いてますけど心中穏やかではありません(爆
だって、だって。
ほんとにリリースされるんですよ(疑ってたのかよっ


しかもフルアルバムですってよ。
ミニアルバムでも、シングルでも文句言えないっていうか、
とにかくリリースされるならそれだけで幸せっていうのに、
フルアルバムですよっ!?


もう、書き始めたらおかしなテンションになりますよ。
うれしいのに動揺するっていう、不思議な現象が起きてます。


タカハシさんのblogでちょこちょこ進捗状況が出てましたが(ってそんなに多くなかったけど・苦笑
こうしてタカハシさんが、blogで、アルバムのレコーディング状況を語る、だなんて
他のアーティストさんなら普通のことかもしれないですが、
ちょっと前なら考えられなかったことですよ(爆
やー時代も変わりましたね(?



続きを読む ⇒
【 2010/09/25 20:43 】

Peridots  | コメント(2)  |

出遅れてるけど

今さらですが一応。レビューを。


ホープホープ
(2010/09/15)
suzumoku

商品詳細を見る



1.ホープ

前にも書いたけど、ソロワンマンのときにWアンコールでやってくれた曲。
できたばっかりで昨日まで歌詞考えてたような曲で、
だからこの日やるかどうかも分からなかったと。


これここで聴けてほんとによかったなー。
生で初聴きとは理想的、ってネットサーフィンしてたときに
とある方のblogで見たフレーズだけど(あ、suzumokuとは関係ない別のアーティストの話)
まさにそうだと思う。
もう、ほんと一目惚れならぬ一聞き惚れだったから


でも、某動画でPVの視聴が始まって聞いたときは、なんかびっくりしたのだよね。
なんか歌声に違和感を感じて。
声というよりかは歌い方? だったのかな。
とにかく、これまでに聞いたことのない感じで。


でも今その動画見ても、こうしてCD聞いても、それが何だったのかはよく分からず。


まあ、しいて言うなら、弾き語りで歌う歌(声)とは違うのかなということでしょうか。
って、だったら全部の曲そうなるじゃんって話になるし、
でもこういうこと思ったのはこのときが初めてなので。


なので、なんでこのときだけそう思ったのかっては依然謎。


とにかくアレンジがどうなるかがすごい気になってたから
イントロのアコギの音は、もうすごいうれしかったですね


純粋にメロディがすごくいいし、
歌詞の内容が、何気ない日常を歌いながらも心にビシバシ刺さることを言っていて、
それを歌う声がとてもやさしい、そのやさしさの中にも凛とした強さがあって、
聞く者の心に澄み渡って響く。


でもって、それがあの、あのギターで歌われるわけですよ。
それはこの曲というより、彼の音楽がそういうものなのだけど。
これはもう、素晴らしいという以上の言葉が見つかりません。


と、最近の懺悔的に(笑)最大級に絶賛してみました。



そして前作に続いて注目のジャケット。
先日のFM-FUJI聞いてて初めて気がついたのだけど、
そうかホープってこの青のほかにも赤もあったのね。
でも、ホープというと、この青のイメージです(よね


またいろいろと細かい仕掛け(?)がありますねー。
そんななか、真ん中に書かれてるこれ。

KEY B♭
M.M.120


この曲聞いててすごく心地よい、その理由はこーゆうとこにもあったのかと。
といっても、これは私の勝手な感じ方なので、
以下軽く読み流してください。



M.M.120、なんちゃら・メトロノーム(最初のMはなんだか忘れた)=120。
このテンポ、クラシックの速度記号だといわゆるModerate、ですかね。
(でも120だとちょっと速いからAllegrettoくらいかも。)
Moderatoは、中くらいの速さで、とか、ほどよい速さでとか訳されますが、
まさしくその、程よい感じ、がすごくいいなと。


ま、クラシックとポップスとではこの速度記号は対応しないのかもなので、
あんまり意味ないかもだけど、
でもテンポ120という速さ自体は変わらないので、ね。
歩く速さ(アンダンテ)よりはちょっと速いけど、でも心地よい速さかなあって。
そう思いました。


で。
こーゆうの見ると無性にやってみたくなるのだよねぇ。
久々にメトロノーム取り出しました(笑
もっとも、おけいこバッグ(スタジオに行くのに楽譜を入れてるバッグ)のポケットに
常に入って入るのだけど、もうまったくと言っていいほど全然使ってない


実家には、振り子が揺れるあのメトロノームがあるけど(実は壊れかかっててそれこそ意味ない)
スタジオに行くようになってから買った、携帯用のメトロノーム。
MDディスクみたいに小さくて薄くて、ボタン電池で動くもの。
ちゃんと拍子ごとに音が鳴るようにもできるし、(安物の割には)そういえば何気に
チューナーもついてたような・・・さすがにチューナーは私は要らないけど。


120でやってみたら、当たり前だけど合ってました。
って、そりゃそうだろう!(失礼だ
でもやってみたかったのだ。
まあこんなことするの絶対(たぶん)私だけだろうと思うけど。


・・・ちょっと長いなこれ(滝汗)
続きはたたみます。



続きを読む ⇒
【 2010/09/23 21:28 】

suzumoku  | コメント(0)  |

Ustream再び

ついこの間まで、Ustreamというものの存在すら知らなかった私が、
この短期間で2回も視聴することになるとは、続くときは続くのですね。


この日は、岡野くんが山田タマルさんのUst番組にお呼ばれしました。


そういえば、この間Live szmkを聞くときに登録したと思ってたツイッター、
結局登録できてなかった(爆
自分が登録したと思ってるID色々やってみたけど(色々ってナンだ?)まったくダメで。
つまりは普通に(登録せずに)見たと、そーいうことだったのか。
あんなに頑張ったのに(苦笑


って、何でそんな頑張んなきゃいけないんだって感じですが
(というか登録できてないし)
それで再登録しようとしないところが基本めんどくさがりの私らしい。


えー、気が向いたら、登録します、たぶん。


話戻してこの日のUst。
最初音が全然聞こえなくてどーして!? と思ったら、
私は録音のためにコンポにラインでつないでスピーカー出力にしていたのだけど
そのラインがちゃんとつながってなかったらしい。
すぐにちゃんと音出たから事なきを得てよかった。


この日もスタジオからの中継だったので、やっぱり音声はクリアでした。
けど、なぜか映像は微妙にずれていて。
そんなひどいずれじゃなかったし、全然許容範囲内だったのだけど、
でもライブになったら気になってしまってダメだった。


その微妙な、映像と音のずれは、見てて(聞いてて)軽く酔いそうだったので(汗
申し訳ないけれど、ほとんどラジオと化してました。


これはたぶん、いや間違いなくうちの視聴環境のせいだと思われます。
せっかくのUstなのにほんとごめんなさい。


しかし、この配信が後日見ることができるとはびっくり。
そんなことも可能なのですねー。



えーと。
内容のこと全然書いてないですが・・・
書いてないというよりは書かない、というか。
まあそんな感じです。

それこそ後から見れるのでそれでということで。



何度も言うけど、ラジオみたいに地域問わず、そしてCSチャンネルみたいに
契約してないと見れないとかいうのと違って、
こうして見ることができるってのは、ほんとうにありがたいなあと、
改めてつくづく思いました。


以上。



【 2010/09/21 23:47 】

岡野宏典  | コメント(0)  |

VIVID

FM-FUJIの番組にsuzumokuが出演。
代々木にあるSTUDIO VIVIDというサテライトスタジオでの公開生放送。


何気にsuzumokuのラジオを見る(聞くのじゃなくて見るね)はこれが初めてか。
3月にスペイン坂があったけど、平日夕方だったから行けなかったし。


VIVIDは過去、岡野くんとズータンズとで何度か見に来たことがあるけど
何度も言うけど音外に出ないんだからもはやサテライトとは言いがたい(暴言


でも、これだけ近くで見えるんだからまあよしとするか(何様


時間遅いとはいえ、スケジュール自体としては行けないわけではなかったので、
・・・けっきょく行ってしまった(汗


実はこの日、6時ごろ夕立がありまして。
ゲリラ豪雨ではないけれど、ちょっとまとまった雨で。
さすがに雨降ったら行かないよと思っていたのだけれど、
さすがsuzumoku、もちろんすぐ止みました(笑


音出ないので(しつこい)もちろん携帯ラジオ持参。
というか、私が使っているオーディオポータブルはFMラジオ付き(録音可)。
前にズータンズで来たときは、スタジオの真ん前だというのになぜか電波の入りがよくなく、
けっこう雑音混じってたのだけど、この日はけっこうクリアで。
もしやsuzumoku、電波まで操れるのか!?(笑



かくして以下番組の内容を少し。
の前に。


マッシュルームではなかったけど、短くなってました。
というか。
かーなーりいい感じでした。
というか。
やー、キュートでした(爆
ついにあたしもここまで来たかって感じだけど、本気でそう思ったのだよねぇ。
このまま(髪型)フリーズできればいいのに。



えー、気を取り直して。



続きを読む ⇒
【 2010/09/20 23:14 】

suzumoku  | コメント(2)  |

Lesson16

ものすごいハードルを下げれば、
ずっと懸案の箇所2つをもうちょっとましにできれば、
とりあえずはいいかなという感じ。

でも、それじゃまずいだろうというもうひとりの自分も。

その2箇所は大前提として、それ以外にも問題点は山ほどあり。

というか。
もうあと1ヶ月になってしまったのだから、本気でやるしかない。

10月は強化月間。

心を鬼にして、誘惑を断ち(笑)本気でやらないと・・・
【 2010/09/20 19:55 】

練習日記  | コメント(0)  |

ミュージックDNAトーキョー

今日はこのライブを見に行ってきました。

201009191448000.jpg


お目当ては、たまーに(汗)ここで話題にしている
ふたりというユニットです。


どうしようかと思ってたのだけど、貴重なハコでのライブなのでやはり(苦笑


あとは、ついでに来月のalsoloに出られる高田リオンさんの予習もと思い。
でもってさらについでに、も出るというので、
それってけっこうお得ではということで。



今日渋谷ではお祭りがあったようです。

201009191513000.jpg


後ろに写ってるのはスクランブル交差点のところにあるあのTSUTAYAです。
109とかあるあの通りをお神輿が通るって、なかなかにすごい景色でした。


あと、ダイナーでおなじみのビルの前では大太鼓のステージが行われていて。
このビル1階はユニクロなのだけど、そのステージがあって通れないから
ユニクロの中を迂回するというこれまたすごいことになってました。



ふたりは、このイベントに去年も出演していたのだけど(見に行ってないけど)
そのときは階段の途中のロビーに設置されたステージで、
今年は正規のステージでの出演。


といっても、EASTは実はメインステージの隣りに小さなステージがあり。
これ、実は春にsuzumokuが出たライブを見に行ったときに初めて知って。
suzumokuはメインのステージで歌ったのだけど、
そのときは時間がなくてレポに書けなかったのだが(こちら参照
サブステージで歌ったのはPredawnだった。
この日初めて知ったのだけど、ギターほんと上手いし、声すごいしでびっくりした。
でもってMCがまた不思議ちゃんで(苦笑
当たり前だけど、自分が知らないところにたくさん、こんなすごい人いるんだなあって。
ただ、歌詞がオール英語だったのがちょっと残念。
日本語の曲は歌わないのかな。


話戻ってこの日のライブ。
ふたりは、そのサブステージでの出演。
でも、サブと言ってももちろんちゃんとしたステージです。
そりゃメインに比べたらすごいちっちゃいけど。



君への手紙
願いをこめて
メッセージ



タイムテーブル見ると15分だから、3曲だろうと思ったけど、
ちょっと意外なセトリ。
でも、「願いをこめて」と「メッセージ」は、両方とも今のふたりの思いとかが
すごいよく表れていて、続けて聞けたのはよかったなあと思う。


なにより私はメッセージが大好きなので、すごいうれしい。
某動画にあがってるけど、それよりも確実に歌うまくなっている、と思う。
やっぱ、今毎週のように各地で歌ってるからかな。


この日はサブステージといえど、ライブハウスなので
すごい声響いてて、ほんと気持ちよさそうに歌っていた。


やっぱハコで聞きたい。
もっとやってくれー。
あ、東京でね。
神奈川ではやってるんだろうけど、行けないのだよ・・・。



このあとメインステージで1組あって、そこで15分間の休憩。
MCが中野腐女シスターズって、フライヤーにもあったのだけど
いざ目の当たりにすると、やっぱびっくり。
普通生で見ることなんてないでしょう(爆



出入り自由なので、ここでいったん退出。
寝起きで行ったので(苦笑)とりあえず食事をしに出る。
4時からサブステージで高田リオンさん、その直後のメインステージが鶴と
絶好のプログラムなので、それに合わせて戻る。



4時に戻ったら、大幅に押している(汗
実はふたりのときは逆で、3分くらい早く始まって実は最初から聞けなかったのに(爆


やはり昼過ぎより若干人多かったかな。


高田リオンさん、実はお盆真っ只中にうっかり天窓に行ったときに聞いたけど
(諸事情あってレポ書いてませんが)
そのときはグダグダでコンディションよろしくなかったので
ちゃんと聞いておきたかったってのもあり。


やー、熱い方ですね。
いや、熱いって言うか、なんかもうちょっと違うんだけど、何て言ったらいいのかな。
alsoloでもう一回聞いたら分かるかな。


とにかく、なんか楽しかったです(笑
そーゆう曲でした。




お次はメインステージで鶴。
すごいセッティングに、というか音出しに(?)時間かけてた感じ。
マイクチェックがてらにサンキューべイベー(たぶん)を途中まで歌ってた。


鶴単独のライブは2度目。
これまたsuzumokuがらみだけど、フジの音楽番組の収録で見たっきりだから
もうだいぶ前の話。
だってそのとき、この春(当時は1月でした)メジャーデビューを控えてるっていってたから。
そのときがはじめまして(存在自体初めて知った)だった。


機会があればライブ見てみたいとは思ってたけど機会がなく、
短い時間でしたが念願叶いました。


やー純粋に楽しかったです。
さすがに盛り上げるのがうまい。
秋野さんとは半年振りくらいでしたが、あのときとはいでたちが違うので(爆
当たり前だけど全然違ったなあと。



しかし、昼間っからEASTってなんか違和感だったなあ(苦笑
まあ夜でもあの坂はヤなので同じなんだけど。


・・・来年はふたりがメインステージで歌えますように



【 2010/09/19 20:22 】

live  | コメント(0)  |

シーズン到来

P9180007.jpg



9月にもなると、例年ならプロ野球は大勢を決するとまでは言わないけど
ある程度見えてくるところなのだが、今年に限って言えばまだまだ分からない感じで。


しかし、色々浮き沈みあったものの夏のロードを何とか乗り切った割には
9月に入ってからのこのだだすべりはなんだ。
だいたい先発がだらしなさすぎるだろう。
高卒ルーキーの秋山くんが連敗ストッパーになってる状況って情けないだろうが。


あっ、これは毒でもなんでもありません。
でないと15年もこのチームのファンはできませんから。


えー。それはさておき。
そんな9月になり何のシーズン到来かといいますと、そうですトップリーグです。
つまりはラグビーです。
アメフトとか駅伝とか、あとはウィンタースポーツとか、
秋冬のシーズンのスポーツはいろいろありますが、今日はラグビーのお話。


ジャパンラグビートップリーグ2010-2011
三洋電機ワイルドナイツ VS ヤマハ発動機ジュビロ
@秩父宮ラグビー競技場



前に岡野くんがヤマハの矢富選手と対談したっていう話があって、
今シーズンはラグビー見たいなあと思っていた。
当然秩父宮の試合しか行けないし、もちろん土日でしか行けないし、
で、どーせならヤマハの試合がいいかなと思って日程を調べたら
9月と10月とであって、この9月の方でさっそく。


そんな条件ありきで決めたわりには対戦相手が三洋電機と思わぬ好カードでラッキー。
えー、今季は去年のプレーオフの決勝を争った
三洋電機と東芝が2強と言われているのです。
トップリーグのHPの特集見てみたら、こちらにも
三洋電機がヤマハの挑戦を受ける今節一番の注目カードとあり。


その特集ページによると、
ヤマハは去年、部の方針に変更があったんだそうで、
多くの選手が移籍するなか固い結束力を見せる、いま最も熱いチーム、とあって。
そーなんだー知らなかった。いろいろ大変なのだね。。。


結果は・・・49対10と三洋電機の圧勝でしたなぁ。
ヤマハは最初にPGで得点したっきり、あとは防戦一方で、
このままノートライで終わってしまうのか!? と思ったら残り10分くらいで
突如真ん中にすごい大きな穴が開いて、一気にトライ。
細かいパスでボールをまわすことなく、真ん中を一気に突っ切って。


私のちょっと後ろで見ていた方(女性)が
「モーセの十戒みたいに真ん中開いたね」と言ってたのが聞こえました(笑
まさにそんな感じです。


やー最後にトライできてよかった。
やっぱ、トライしないとラグビーじゃないっ!


って、別にいくらなんでも私がヤマハを応援する義理はまったくもってないのだけれど
ついなんとなく(苦笑

三洋の守りが堅いのか全然ボール出せなかったし走れなかったし。
超ド素人が見た限りでは、ゴール前のラインアウトが取れなかったり
ノックオンとかもったいなかったなと。
あそこはトライできるチャンスだったんじゃないかなあと。

対して三洋電機は、バックスのスピードがすごかったなあ。
あれはテレビで見るより生で見たほうが迫力ある。
で、けっこう左右の端のトライが多かったので、それだけボールまわしてたってことなんだろうなと。
でもって、その角度あるゴールキックにも関わらずこれがまたことごとく決まる決まる。


ラグビー生で見るのは・・・これが3回目かな。
初めて見たのはもう、5年以上前だと思うけど、どーしても秩父宮でラグビー見てみたくて。
でも何のカードだったかはまったく覚えてない。


あとは、3年・・・もっと前かなあ、友だちから早明戦のお誘いを受けた。
友だちが(厳密には友だちの旦那が)大学関係者で
チケットがあるのだけど余っていてよかったらと。
今でこそそうでもないんだろうけど、一昔前ならラグビー早明戦なんて
学生でも手に入らないっていうプレミアチケットだったじゃない?
ってなわけでありがたく友だち夫妻と一緒にラグビー観戦させていただいたと。


早明戦は国立だったけど、こちらは秩父宮。
国立はまあ大きくて、すごいちっちゃくしか見えなかったけど、
ここ秩父宮は「ラグビー競技場」ですから、当然ラグビーの競技場です。
冒頭の写真のとおり、バックスタンドだと自由席でもこんなに近く見えます。
ライン際の攻防なんてかーなーり迫力あっておもしろかったです。


やっぱ生で見た方が楽しいですね!
音楽と同じでやっぱライブです。
よくよく考えれば、野球なんかより全然チケット安いし、立地条件抜群だし、
もっと気軽に見に行って全然いいのだよねぇ。うん。
またシーズンが佳境に入ったら行きたいなあ・・・お願いします<私信


そうそう、立地といえば、すぐ隣りは神宮球場。
この日はなんとヤクルト中日戦で、地下鉄の駅がすごい混んでいて。
地上に上がる階段、渋滞しました。
長いこと外苑前来てますが、こんなの初めて。
ちょうど時間が合ってしまったのだね。


で、秩父宮からは、こんなふうに神宮のクリアビジョンが見えます。

P9180009.jpg


左の大きいのが秩父宮ので、右の小さいのが神宮球場のです。
目がいい人なら肉眼でもスコア見える(と思います


一応(暴言)首位中日の試合ですからねー。
盛り上がってたんでしょうか。
ときどき風に乗って歓声が聞こえてきました。
でもヤクルトが終始リードしていて(←なんだかんだでクリアビジョン確認してた私
とりあえず一安心(?


さて。
ラグビー話ついでに例の対談について、個人的ツッコミどころなど(笑
書いてみようかなと思います。



続きを読む ⇒
【 2010/09/18 22:53 】

sports  | コメント(3)  |
 | ホーム |  次ページ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。