音楽の話を中心に・・・日々のことを徒然と

プロフィール

tamago♪

Author:tamago♪

ツイッターはこちら↓
 @musica_scape

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Recommend


別冊スキマスイッチ part 2 [DVD]

Recommend

スキマスイッチ(初回生産限定盤)(DVD付)

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ガラコン×フィガロ

Le nozze di Figaro フィガロの結婚
@滝野川会館


201105312034000.jpg


お友だちの公演を見に行く。
定期的に演奏会を企画している団体の公演で
前回は声楽だったけど今回はオペラということでとても楽しみだった。

あ、ガラコンだったけど普通の服装で行っちゃったけど。
って、サントリーのガラコンのイメージでついそう思うけど、
(※サントリーホールでのガラコンサートはドレスコードが決まっている)
もともとは特別公演とかいった意味合いみたいだし、それゆえ通常の構成とは違って
オペラのアリアとか、有名楽曲の一部の楽章だけ演奏するとか
そういうのをガラコンというようなのだけど。


今回はナレーション付きでの上演で、会場も小ホールなので小さく
客席一体型ということでいわゆるオペラの舞台とは違うけど、
同じモーツァルトの楽譜を使ってるわけで(←元ネタはのだめです・笑
むしろ私のようなオペラ初心者にはとてもなじみやすいものとなっていました。

オペラってとても敷居が高いと思われがちだけど
いや実際私もイタリア語さっぱりわからないけど、
でも、大まかにあらすじをざっくり押さえてさえおけば、
基本的には分かりやすいストーリーとなっていることが多いかと。
乱暴に言えば昼ドラ的というか(笑
もちろんオペラ全部が全部そんな内容じゃないけど、だいたいは。
映画やドラマがない時代の、それに代わるものというか。


そして今回の演目「フィガロの結婚」、
オペラといえば? って言ったらかなりな上位に来るんじゃなかろうか。
オペラ本編もだけど、何よりあの序曲はあまりにも有名すぎる。
絶対誰もが一度はどこかで聞いたことのある、それは有名な曲です。

あ、今回はオーケストラではなくてピアノで進行する構成でしたが
ピアノ1本でこれだけの表現ができるのはさすが、
ピアノは小さなオーケストラと言われる所以ですね。


オペラというか声楽に関しては全く持って無知な私だけど
さすがにフィガロであれば知ってるアリアも多くて楽しかった。
なによりモーツァルトの音楽は、
たとえ知らないとしてもそれは聴き心地のよい音楽です。
よく胎児に聞かせるといいとか、さらには植物に聞かせて育てるとか
いろいろな話を聞きますが、科学的根拠は私知りませんが
でもほんと心地よいα派が出てると思う。


お友だちの歌、ほんと素敵だったー。
そしてどっから見ても伯爵夫人にしか見えなかった。若いのに(笑
あ、これはつまりそういう衣装だったという話です念のため。

これまた元ネタはのだめだけど、オペラとはまさに
音楽と絵画美術と演劇の総合芸術、ですね。
あーやっぱオペラいいな。
って言っても、めったに見る機会ないけど。

あ、さっきのだめの話を出したのは、
実はこの公演のあとのだめの漫画を久々に読み返したから。
だって奇しくも番外編はオペラだし。
しかもモーツァルトも同じだ(のだめは魔笛だけど)


ヨーロッパに行ってからギャグ路線もすっかり減ったから(笑
この番外編はある意味初期っぽい感じでかなり面白い。
(あ、でももちろんちゃんとクラシックの要素はあります)
単行本2冊分の番外編だけど、読み応え充分です。
・・・これこそドラマ化してほしいな。



スポンサーサイト
【 2011/05/31 18:30 】

classic  | コメント(0)  |

@QUATTRO

QUATTRO MIRAGE VOL.2 ~MORE ACTION, MORE HOPE.~
@渋谷CLUB QUATTRO


201105300158000.jpg

※追記完了しました。

JamSpotの追記で力尽き(笑)またもや仮で。
もう最近、完璧丸1週間遅れになってるな(汗

例によってとりあえずセトリのみでも、と思ったらタワレコのニュースに出てますね(こちら

というわけで、もはや私が今さらレポする必要は微塵もないわけで(苦笑
したがって追記もいつになるかはなはだ怪しいところですが。

というより、一言で言うなら、残念ながら私には音響が極めてよろしくなく、
もはや1曲ずつのレポなんてとても書けないというのが実情で。

初のNEWバンドだったわけですが、それも特筆できないくらいの音響でして。
私には。
私にはです。あくまで。他の方が聞いたらどうかは分かりません。

そんなわけで、このライブの後、やけのようにPeriを聴いております(爆
しかも‘shoulder'とか夜のページとかフリージア(ラジオのライブ音源)とか
ライブの反動でそんなのばっか聴いております(爆


とまあ、そんなわけで、追記ももはやするのかというくらいの勢いですが(暴言
たぶんそのうち。

あ、もう一言言うなら、小谷さんのトリオが素晴らしすぎました。
というかもう、豊夢さんばっか見てましたけど。
失礼ながら小谷さんの曲を知らないので、こちらもとうていまともなレポにはならないですが。



続きを読む ⇒
【 2011/05/25 19:00 】

Peridots  | コメント(2)  |

胸騒ぎ

急遽Peri@クアトロに行くことになりました。
これです↓

「QUATTRO MIRAGE VOL.2 ~MORE ACTION, MORE HOPE.~
 powered by TOWER RECORDS」
5月25日(水)渋谷クラブクアトロ
with 小谷美紗子


が、25日はズータンズのライブが晴れ豆(代官山)でもある日であります。
こーゆうときはどーするか、とるべき道はただひとつ。
・・・どっちも行かない(爆
ズータンズもこの間ワンマンあったばっかだし、Periだって来月ワンマンあるし、
だからどっちか行こうと思えば行けないわけじゃないけど、
でも行かない、とそう決めていました。

が、なぜか先日イープラスからこのクアトロ公演の招待メールなるものが届き、
抽選で3組6名っていうので絶対当たらないだろうと思いつつうっかり応募したら
まさかの当選(爆

そんなわけで急遽参戦決定です。
でもNEWバンドが見れるのでこれはうれしい。


しかし、ズータンズのライブはメンバーのブログによると
いつもより時間が長いという。
これ、前にもここ晴れ豆でズータンズのライブがあった話はこちらで触れていますが、
何度か言ってますがこの日のライブは
ワンマンを除ければ私的ナンバーワンなライブだったので
これは非常に後ろ髪を引かれる思い。

さらに!
せっちゃんが2ndALから久しぶりな曲をやると言っているではないか!!
これってもしや、僕はブルー~ではないのか!?
と軽く動揺。
私はその「僕はブルー、君はだいだい」という曲がそのアルバムの中で
とても好きな曲、1番と言ってもいいかもしれないくらい好きなのです。

当然そのレコ発のワンマンのときには演奏したけど聴きに行けなかったし、
その後も何度かライブでやってたみたいだけど、
ことごとく私は参加できていない。

この曲を生で聴くことはもうないのだろうと、大げさだけどそう思ってました。
えー、どうなんだろう。
もしそうだったとしたら、これは悔やんでも悔やみきれないかも。
いやでも、他にも候補曲ないわけじゃないし、違うことを祈りたい。

けど、往々にしてこういう胸騒ぎは当たりそうな気がするんだよなぁ。。。
もういっそのこと知らない方がよかったってな勢いですよ。
後日知ってももちろんショックだけど、あらかじめ分かってるってのも
これまた非常に辛い。
・・・もう、せっちゃん罪な男だ(爆

とまあそんなわけで、
未だまったく手をつけていない(爆)DEPAライブの記事もあるので
こちらのライブのことも、いつになったら書けるやらといったところですが、
もし胸騒ぎが当たったらそれだけつぶやくかも。
いや、つぶやきなんてもんじゃない、心の叫びですな(笑
・・・というか、そういうのはツイッターの方が便利なんだろうなー。
うまいこと両方使い分けたらいいのかもだけど、
なんとなくツイッターを敬遠して今に至るので今さら始めるのもどうかなという感じ(苦笑


それにしても。
なんでこれご招待なんだ。
チケット売れてないのか!?
あるいは目一杯人入れたいとかそういうことなんだろうか。


よく分からないけど、思わぬ形での参戦となります。
クアトロ久々だなーいつ以来だろ。
いつもの道とちょっと違うので(笑)間違えないようにしないと。



【 2011/05/24 23:11 】

Peridots  | コメント(0)  |

@JamSpot

DEPAPEPE ニューアルバム「ONE」発売記念ライブイベント
@銀座山野楽器 本店 7F イベントスペース“JamSpot” 


201105221554000.jpg  201105240023000.jpg  201105300205000.jpg


もう先週の話になってしまいましたが(爆
今日は大雨でしたがこの日も雨でしたね・・・
ま、室内のイベントなのでいいんですが、さすが(DEPAPEPE)ですね(笑

そんなDEPAPEPEのライブはほんとに久しぶり。

もう、生音が素晴らしすぎます(感涙
お二人の仲も絶妙です(笑
とにかく大満足のイベントでした・・・



続きを読む ⇒
【 2011/05/22 18:00 】

DEPAPEPE  | コメント(0)  |

Keep on Picking!

ONE(期間生産限定盤)(DVD付)ONE(期間生産限定盤)(DVD付)
(2011/05/18)
DEPAPEPE

商品詳細を見る



インストア@山野楽器の前に書こうと思ってたのに間に合わなかった・・・
(そう、例によって書いてるのは23日ですが、リリース日でアップしております)



続きを読む ⇒
【 2011/05/18 22:48 】

DEPAPEPE  | コメント(0)  |

DZバージョン

reviewというほどの中身もないので(汗

先週、ズータンズのライブCDが届きました!!
HP上での限定通信販売といいましょうか、すっかり遅くなりましたが
こちらちゃんと、先日届きました


3月にダイナーであったライブの音源です。
私はこのライブ行っていないのですが、
そこで未発表曲の「彼方のそば」という曲をやったことを知り、
すごく残念な思いをしていたので、これが収録されるとあっては買わないわけにはいかない。

この曲は、私は2年前のワンマンライブのアンコールで聴いたっきりで、
言って見れば幻の曲(笑

なので、もうこの曲のためだけに買ったと言っても過言ではない(爆

最初のうちは、ライブ音源と言っても、あまり周囲の音が聞こえないなあと思って、
でも「ケリー」になったら、食器の重なる音とかかすかに入ってて、あーダイナーだなと(笑
「ムージック」はメンバー紹介もあるし、ほんとライブ感満載で楽しいです

・・・しかし、そのムージック、この曲聴くたびにクロワッサンが出てくるってのは
それもどうかという気もしないでもない(爆
そっか、鈴木さんのブログのあれ、この日のライブだったのか?
(調べりゃ分かるのに調べてない・汗)


それにしても、「ワープ」なんて、絶対バンドな曲だと思うのに、
これがDZすなわちアコースティックでもえらいかっこいいというミラクル。
曲そのものがいいってことですね、すなわち。

そう、実は以前、2人ずたん(=じんちゃん&鈴木さん。勝手に命名・爆)でも
この曲やったことがあって、それ聴いたときもびっくりしたんだ。
その話はズータンズカテゴリーの記念すべき(自分で言うな)1つ目の記事に出ております。
こちら参照)


そして、最後に収録されている「彼方のそば」。
もっとも2年前に聴いた記憶もただ、きれいでいい曲っていうそれしかなかったのだけど、
その通りだった

イントロがとにかくきれいなのと、あと曲自体も、もちろんきれいだけど
なんだろう、すごいあったかい気持ちになるというか。
すごいじんわりくる、そんなメロディの曲です。

それはもちろん、じんちゃんの声もあるだろうけど、
鈴木さんの鍵盤であり、せっちゃんのベースであり、ゆっぴーは・・・今回はPerc.だけど
とにかく4人の音、だよね。うん。

バンドだとまた違う音になるのかもだし、それもそれで楽しみだったりする。
いつかライブで聴けるのが楽しみです



と、なんとも中途半端なところでそのついでに全然別の話題を(笑
先週近所のスーパーがこんなことになっていました↓

201105151832000.jpg

あのレモン牛乳でございます。
あ、もちろん東京のスーパーです。
ちゃんと写ってないけど、これ写メ撮るのものすごい恥ずかしかったので(爆
これが限界です。

右上のポップに、栃木自慢の商品とかあるので、
北関東応援セールとかそういうことだったんだろうかとか思う。
ここは、日替わりでいろんな商品が並ぶコーナーなので。

200mlっていうサイズが給食チックですよね(笑
栃木だと給食に出てたって話だし。
これ、レモン牛乳と言ってもレモンの味はしなくて(香りはするけど)
で、ほんのり甘いっていう不思議な牛乳です。
それが給食って、とも思うけど、でも私も(神奈川)給食でミルメーク出たしな。
そう、私だってミルメークは当たり前に全国区だと思っていたし、同じですね(苦笑

・・・この手の話題ってほんと、事欠かないですよね。
私あんまり見てないですがケンミンSHOWが人気なのもよく分かる。



【 2011/05/17 23:31 】

ズータンズ  | コメント(2)  |

カディスの赤い星ギターコンサート

をテレビで見ました、という話です。
放送されたのは先月末だったのだけど、録画をようやく見ることができました。

第4回 逢坂剛
カディスの赤い星ギターコンサート

2011年4月7日 日経ホール
出演:逢坂剛 沖仁 村治佳織
特別出演:太田正典



直木賞作家の逢坂剛さん主宰のコンサートで今年で4回目とのこと。
前回の3回目のコンサートのテレビ放送(のおそらく再放送)が
たしか去年の暮れごろにあったのですが、それに気付いたのが放送終了10分前。
このコンサートのフラメンコギタリストの沖仁さんが出演されてたことは知っていたので、
番組に気付いたとき、しまった! と悔しい思いをしたのです。

そして、年末のジルベスターコンサートでフライヤーがあったので
今年もこのコンサートが開催されることは知っていた。
さらに今回は沖仁さんとあと、クラシックギタリストの村治佳織さんの出演ということで、
ものすごくそそられたけど聞きに行くのはやはり断念し(涙

で、4月のGWは法事で実家に帰っていたのだけど、
そこで新聞のテレビ欄を珍しくBSの欄まで見ていてこのオンエアに気付いたと。
(BSジャパンでの放送でした)
実家でDVDに録画して、それを自宅に持ち帰って、先日ようやく見ることができたという次第。


逢坂さんの作品はすみませんが1冊も読んだことなく、
フラメンコギター愛好家で、ギターを題材にした作品もあるそうで。
ちなみに「カディスの赤い星」というのも著書のようです。
(調べたらカディスというのもスペインの都市なのですね)

で、逢坂さんは何本もヴィンテージギターを所有されてるそうで
番組HPのメッセージによると、

わたしが所持するヴィンテージ・ギターに、本物のプロの演奏を味わわせてやりたい、
というのが当初の狙いだった。わたしのような素人が、ときどき爪弾くだけでは宝の
持ち腐れで、ギターに対して申し訳ないと思ったのが、きっかけといえた。


ということで、番組オープニングも3本のギターが並んだ映像から。
開演前の会場のロビーの映像があったり、ナレーションがついたりと
私が想像してたライブ映像、というより番組っぽくなっていた。
最後に分かったのだけど、このコンサート自体が
テレビ東京のアナウンサーの司会によるものだったらしい。
もっとも、コンサート中は逢坂さんがホスト役で進行していくのですが。


特別出演の大田正典さんは、群馬県のお寺の住職さんでありながら
フラメンコギターの弾き手としても、都西し長年に渡り有名なギタリストに師事したという
異色の経歴をお持ちの方だそうです。


曲目はすいません割愛しますが、
村治さんの演奏はほんとうに流麗で素敵でした


そして沖仁さんの演奏
これがほんとすごかった


またもや曲目は割愛しますが、リーニョリカルド国際で演奏した曲
(アルバムにも入っている「マエストロ・セラニート」)のほかいろいろ、
ソロでの演奏だったのですが、そのなかで、即興演奏がありました。

3月の震災をうけて、そのときの思いを表した曲で、
スーパームーンというタイトルです。

この演奏が
ほんとにすごかった


長い長いトレモロは心の震えを表してるようで、
永遠に続くかのようなラスゲアードには心をぎゅうっと鷲掴みされるようで、

もう圧倒的すぎて、テレビなのに身じろぎひとつできないっていう、

これ生で見たらどうだったんだろう。
ってか、これやっぱ見に行くべきだったんじゃないのか。

と、終わってしばらくしてからそう思った。
終わってすぐはもう、何も考えられない、それくらいのすさまじさ、でした。


その後は村治さんと沖さんのジョイント。
全部で3曲あったのかな、そのうちの1曲は私が丸ビルで聴いた曲でした。


あ、最後は逢坂さんも演奏されておりました。
有名なカンタオーレの方(すいませんDVD見直してないので・汗)との演奏。
そして、そのカンタオーレの方の知人であるバイラオーラのお二方も
急遽ステージに上がってというフィナーレに。


改めてこのオンエアに気付いてよかった(涙
おや、沖仁さんのHPをちゃんとチェックしてればいいだけの話な気もするが(爆
・・・いい加減ブックマーク登録しよう(独り言



【 2011/05/15 20:52 】

music  | コメント(0)  |

LESSON 9

♪インベンション1、2番
♪イギリス組曲第3番よりプレリュード
♪ベト7(=ベートーベンピアノソナタ第7番第1楽章)

この日は午後から美容院を予約していて、でもやはりスタジオに行きたいと思い立ち
当日予約で17時から18時というピンポイントな時間が取れたというちょっとした奇跡(笑

ベト7(とは交響曲第7番の略称ですがここでは勝手にピアノソナタとしています・笑)は、
LFJでのマスタークラスを受け、ペダルの見直しとオーケストラ的な響きを考えることに専念。

ペダルについてはまだまだ改善の余地があることが発覚。
というか、この曲基本あんまり踏まない方がいいように思える。
あと同じ踏むにしても、深さとかもっと考えたほうがいいのかも。

って、そんなの今さら、な話なんだけども(汗

そして、合ってるか分からないけど勝手に、ここは弦だなとか、ここは金管だなとか
想像しながら弾いてみる。
そうすると曲のイメージがより膨らむのと同時に、そのイメージに指が追いつかないのが
もどかしくもあり。

録音して聞いてみても、思ってたのより、つまりはGWに実家で弾いたときの
勝手な良いイメージとも程遠い。
つまりは基本的な練習がまだまだという、極めて当然の結論に。

もちろんイメージは大事だから今からそうやって弾いてもいいのだけど。
そして、そのイメージをより深めるためにも、
早くアナリーゼをしに行かねば(笑
ってこの日本語おかしい。アナリーゼはしに行くものではない(爆
※つまりは楽器店の書籍でベートーヴェンとこの曲についてを調べに行くこと。
あくまで調べに行くのです。書籍を買うんじゃないところポイント・爆


なにより、この2週間ペースを死守せねば。
と自らに強く言い聞かせたところで終わり。
うん、やはりこのカテゴリはいい戒めになってるかな(苦笑



【 2011/05/14 17:00 】

練習日記  | コメント(0)  |

ズータンズパーティーDX ②

2011.5.7
「カウボーイ」発売記念 ズータンズパーティーDX ~ and you? 始まり ~
@Shibuya O-Crest



続きです。



続きを読む ⇒
【 2011/05/07 18:30 】

ズータンズ  | コメント(0)  |

ズータンズパーティーDX ①

2011.5.7
「カウボーイ」発売記念 ズータンズパーティーDX ~ and you? 始まり ~
@Shibuya O-Crest


201105072133000.jpg


・・・あまりに楽しすぎて、全っ然覚えておりません。
曲順のみならずMCその他の位置も全然違うかもですごめんなさい。
というか、やった曲も怪しいくらい(汗
さすがにやってない曲は入ってないと思いますが、なんか忘れてるかもです。

もうひたすらに、全力に楽しみ過ぎて、年甲斐もなく弾けました(爆
この気持ち、どれだけの言葉を尽くしたら伝わるだろう。

楽しいとか嬉しいとか、そんなんじゃ足りない。
すごいとかヤバいとか(笑)、確かにとにかくすごかったんだけど
じゃあ何がどうすごかったのか、どう書いたらいいかまったく分からない。
ライブ後も、物販コーナーでメンバーにすごいよかったということを伝えたかったのだけど、
どう言ったら伝わるんだろうと、とても歯がゆく思った。

そんなわけで、例によって長さの割には内容の薄い(爆)いつものレポを。
よかったら以下お読みください。

※今回東京と浜松とでは違うライブになるとのことですが
以下一応ネタバレ有ということでご注意ください。




続きを読む ⇒
【 2011/05/07 18:30 】

ズータンズ  | コメント(2)  |
 | ホーム |  次ページ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。