音楽の話を中心に・・・日々のことを徒然と

プロフィール

tamago♪

Author:tamago♪

ツイッターはこちら↓
 @musica_scape

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Recommend


別冊スキマスイッチ part 2 [DVD]

Recommend

スキマスイッチ(初回生産限定盤)(DVD付)

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

@お台場~ラジオ編

Inter FM「木下工務店presents The Evening State」

CA9UQUEQ.jpg


ほかのアトラクションは一切見ずに(もちろん肝だめしも・笑)
一路InterFMのスタジオへ。
ガンダムさえ見なかったよ。
何しにお台場行ったんだってなくらい、何もしなかった(苦笑


スタジオまでの道のり、つまりはフジテレビ社屋までなんだけども
これがまあ、結構遠くて。
途中微妙に上り坂になってるし、西日も強いし、ほんとつらい。

道中何名かに追い抜かれ(苦笑)やっとの思いでたどりついたフジテレビ社屋。
しかし、スタジオは・・・??
私はこーゆうとき、普段は極力聞いたりしない性質なのだけど、
さすがにこの一刻を争う(←オーバーだ)事態とあっては聞いたほうが早い。
階段で下に下りるという説明を聞き、なおさら聞いてよかった。
下という発想がなかったので(汗

かくして、前から3列目くらいというまずまずのポジションをゲット。
ガラス越しとはいえ、こんな近くで見ることはもうあるまい。


番組のブログに(こちらこちら)にもあるけど、前説を担当したADさんが
おもしろかったなー(笑
別なスタッフの方の説明、というか宣伝というか、そういうのもあって。


結局ほとんど使わなかった帽子がここで大活躍(笑
番組が始まるまでの約30分間は、まだまだ日差しが強くて。
ようやく日が落ちた頃、いよいよ番組がスタート。

シンタくんはライブと同じ衣装だったけど、大橋くんは着替えてて。
けど、すっごい短パンだった(爆
あれ、何色っていうの? 虹色としか言いようがないんだけど。
Tシャツは白地で、青紫っぽい四角のプリントの中にイルかが何頭かいるという柄。
よく見ると、そのイルカたちは五線譜の上にいて、かわいかった。
けど、短パンがほんとすごかった(←2回目


スタジオの外にはマイクがあって、外の声が入るようになってるのだけど、
ADさんから大きな声で(スキマさん)を呼びましょう、と指導があって、
録音したオンエア聞いたら、けっこうちゃんと音入ってたなー。

ここでも全力で舞台落ちしたこと触れられて、
勢い余って降りたはいいけど大変だったと(苦笑
めちゃめちゃ痛かったと、ここでも言ってましたね。


そうそう、オンエアの1曲目が全力だったのけど、
大サビになったら外野で自然と歌が始まって(苦笑
これだけ近いし、ライブ終わってすぐだし、
もうテンションあがっちゃってしょうがないですよねこれは(笑


そして、10周年突入イヤーということで、
この10年で変わったこと、変わらなかったことという話に。

大橋くんは、変わったことはやはり贅肉が落ちにくくなったと(苦笑

するとDJさんから、随分お痩せになられて・・・と。

そしたらシンタくんが、
「こんなところまで!? InterFMさんにまで痩せたと言われるなんて」と突っ込む(笑

ははっ、ほんとだねー


で、確かに体重はそれこそ高校生くらいの頃まで戻ったのだけど、
そのときとは体の・・・フォルムが全然違うと(爆

DJさんは、もう大人ですからしょうがないですよねとさりげなくフォロー。

んー、確かに。。。それは減量とはまた別の問題になってきますよねえ。。。


シンタくんも、昔の写真を見ると、細いなーって思うと、それは相方と同じですが、
あとは考え方が、変わってきて、10を10全部ではなく・・・
んーと、なんだったけな、いろんな取捨選択ができるようになった的なそんな感じ。
(↑録音あるんだから聞き直せ)


あと、リスナーからのダブルスベストについて
リアレンジしたら元楽曲より好きになった(でしたっけ?)←だから聞き直せって
曲は? という質問にシンタくんが
「ポテンシャルが高い曲だと思ったのが「ただそれだけの風景」」って答えてました。

回答はともかくポテンシャルて。
さすがにシンタくん(笑



そして、この番組では、
ゲストの方に洋楽を1曲、チョイスしてもらっているということで大橋くんから。
John Mayerが好きで、最近アルバムが出て、もう毎日のように聞いていると。

するとDJさんから
それでは、曲紹介をInterFM風にお願いできますかと無茶振りが(爆

76.1という周波数なんですけど・・・、と説明し出すのでまたシンタくんが、
「そこまで!? そんな番組でしたっけ?」 と(笑

このときちなみに外野は大いに盛り上がっておりましたけど(笑
当の大橋くんはかなり困ってましたねー。

シンタくんが、「(InterFM風だから)Oh Yeah~とかそんな感じ?」とさりげなくアシスト。
さっすがシンタくんー。
で、「どう? いける? まとまった?」と時間稼ぎも。
やさしーねー。さすがっ。


かくして、
「OK(Oh Yeahだったのか?)76.1…InterFM…John Mayer「Something Like OLIVIA」」
DJ風に無事(?)紹介されました。
曲入った途端、大橋くんすごい恥ずかしそうな顔で水飲んでて(爆
いやーおもしろかったー。

ラジオでは見えないこーゆう部分が見えると楽しいですね。
あっ、そういえばシンタくんは途中でヘッドフォンをなぜか
はちまきのようにおでこに横にかけてたのが
すっごいおかしかった(笑
あれ、なんでああしてたんだろ。


曲終わってDJさんがもう一度紹介したとき、外野もそしてスキマさんお二人も
自然と笑ってしまい、DJさんが「何で笑う?」と。

だって、やっぱ全然違うもの、しょうがないよね(笑
シンタくん、John Mayerの発音がツボだったらしく、何度も繰り返して言ってた。


ちなみに書き忘れていましたが、
番組前にスタッフの方からの宣伝にもあったのですがこのInterFMは
9割方英語での放送でございます。
DJさんも日本語完璧(カタコトじゃない)ですが、英語もネイティブレベルでした。

だから、これはしょうがない(爆
無茶振りをよく頑張ったって(笑


そうそう、話それるけど、J-WAVE(I.A.M.)で
大橋くん絶賛英語勉強中ってトークがあって、
宮本絢子さん容赦なく(笑)英語で質問したんだけど(彼女も英語は相当堪能)
それなりに(←何様)答えてたよね。
少なくともヒアリングはできてる模様。
やっぱりしゃべるのが一番難しいよねー。



そしてトークの後半は、この10年の出来事ランキングベスト3を
それぞれに挙げてもらったのだけど・・・

大橋くんが挙げた、二人のキャンペーン遅刻事件、
順位の差は、大橋くんはギリギリ取材のラストに間に合ったけど
シンタくんはテレビ放送に完全に間に合わなかったから(←シンタくん解説)
だそうです。

シンタくんはね、3位でポケモンさんとの仕事と挙げた瞬間
誰もが次分かったよね(笑

ドラえもんさんって・・・と大橋くんがつぶやいたら
シンタくん「ドラえもんさんでしょ!?」と(汗
この発言が一番声大きかったですけど(爆
もードラえもん、あ、ドラえもんさんか(笑)大好きですもんね。


二人とも1位がmusiumTour(←DJさんの発音を再現すべく英語表記にしてみた・笑)の
大成功、というのはお互い打ち合わせなしだったそうですよ。
すばらしー。



エンディングで、そのツアーの成功について話を聞こうとしたんだけど
時間がなくなっちゃって全然聞けなくて、これオンエアでも
かなりひどい突然に番組終わっちゃった感じになってて。

さすがに外野からはブーイングの嵐。
で、番組は終わったけど、改めてツアーの話をしてくれました。

今回のツアーはコンセプチュアルなものにしたいと・・・
っていう話はインタビューでも再三耳にしてるけど、
1曲目が始まって時が止まって、ライブが終わってまた時が動き出すという、
そういう流れのセット(ステージの演出の意)にした、というような話で。

そして、普通はライブのツアーは、はじめの2、3本くらいまでは試行錯誤
(とは言わなかったんだけど覚えてない。ニュアンスはそんな感じ)するのだけど、
今回は初日から、これだ! というものがあったと。

そんな感じの内容でした。



最後に写真撮影。
最初はスタジオの中をバックにしようとしてたんだけど
外野の念が通じたのか(笑)外をバックに変更。
このときここでもちょっとしたモッシュが(爆
ひー。


写真撮影のあと、大橋くんがマイクを確認して
今日はありがとうございました。めざましライブ楽しかったですか?と
外に呼びかけてくれて。
さっきの話の続きでmusiumツアーについて少し触れて
musiumツアー来てくれた人? と聞いたらたくさん手が挙がって
ふたりともちょっとびっくりしてた。
で、ダブルスツアーもぜひ来てくださいと。

シンタくんも「今日ここに来てくれた人の顔覚えたからね」と。
そしてさらに大橋くんが「来なかった人は分かります」と。


ちょっとー、そんなこと言う人たちだっけ!?
やってくれるじゃないのー。
そんなこと言われちゃったら・・・ねえ。
最後の最後にものすごいやられた感じで悔しい(笑



帰りかけて、スタジオの外観を写メしたいなと戻り、
そしてまた駅まで向かうべく階段を上ったら、何か聞こえて。
ふと下を見たら車に乗りこむ大橋くんの後ろ姿が。
そのあとシンタくんの姿が見えて、呼びかけに応えて手を上げてくれたので
(呼びかけたのは私ではないですあしからず)
私も思わず手振った。



さすがにラジオまでとなるとかなり体に堪えましたが(汗
めちゃめちゃ楽しかったので、いい夏の思い出になりました(笑
これでしばらくダブルスツアーまで頑張れそうです。




スポンサーサイト
【 2012/08/23 17:30 】

スキマスイッチ  | コメント(0)  |

@お台場~ライブ編

めざましライブ2012

CAJLERBR.jpg


去年に引き続きの参戦。
去年に引き続き、午後半休にての参戦。
夏期休暇なのに1日休みにできず、半日で。
しかも午後休なら1時まででいいのに、ほぼ2時までいたし。
来週どこかで午前半休取るつもりだけど、それも11時くらいには出社しないとだし。
結局去年から何も変わってないこの現状・・・もー。

さっ、気を取り直して。
去年と同じだろうと、直前まで開演時間を確認してなくて
3日前くらいにふと調べてみたら、開演時間も集合時間も早くなってた(汗
危ない危ない。

去年はゆりかもめの台場駅から歩いたんだけど、集合場所のウエストゲートというのは
次の船の科学館駅が近いらしいと知り、そこまで行く。
が、この間で運賃が上がる(チッ
帰りは台場駅から乗ろう(セコい

途中で左手に東京タワーが見えて、スカイツリーはと探したら
ほどなく右側に見えてきた。
おー、2つ両方見えるってちょっとすごい。
と思って写メしようと思ったんだけど、橋桁(というのか)があるので
まったく写らず残念。


チケット発売は今年は12時で、お昼休みの時間前に会社を出るのは
さすがに忍びなく、ファミポートはあきらめイープラスで取ることに。
去年はスマホに変えたばっかりで、液晶画面の操作にほんと苦戦してて
(まあ今でもあんま変わらないけど)
それでプレイガイドはあきらめたのだけど、

今年は何とか頑張って1分でつながったのに、発券したら整理番号500番台前半。
えーーー。
去年48番という奇跡の番号だっただけに、
そしてオーキャンで私としては上等のBブロックだっただけに、
勘違いしてたけど(爆)私にそんなクジ運あるわけないのだ。

ま、めざましライブはステージが近いから、そんな前の方でなくても
全然楽しめるのだけど、ただ、この番号で座席に座れるだろうか。
あと、後ろの方だとどこまで屋根あるんだろ・・・
立ち見&日差しは無理ですから。
いやほんとに。
・・・んー、さすがに500番台ならなんとかギリギリいけると思うのだけど。

オーキャンに引き続きアームカバーとそして帽子を持参し臨む。
まさかオーキャンの後にまたこの帽子を発動することになるとは(苦笑


開場までウエストゲートの外で並んで待つ間、
ちょうど私の番号帯は日陰になってたので助かったー。
そして、入場。
サイドはそこそこ空いてたけど、
正面の位置は座席最後方がかろうじて空いていてそこを無事確保。
ってことは、おそらく40席×15列くらいってことかな。
ちゃんと数えてないけど。

座席の列の後ろには通路があって、その後ろには柵があって立見エリアに。
そのエリアの最前列の中央にテレビカメラが。
私はそのカメラの延長線上からちょっと左にずれてたので
このカメラには映らないだろうなと。

座席最後方とはいっても、やっぱりステージが近く見える。
後ろは通路になってて出入りしやすくて、これもまあいいなと。

なんで、この状況をこんなに細かく説明してるかっていうと
これがこの後、ちょっとしたポイント(?)になるので(笑



そして開演。


最初はお二人だけで登場。
おっ、シンタくん今年は甚平かー。
去年の浴衣事件あったからね(爆
翌日のめざましのオンエアでは、この甚平、社長からデビュー1周年の記念で
もらったものだそうで、初めて袖を通すとか。
テロップには1周年の上に「8年前」っていう吹き出しが(苦笑

そして、大橋くんは青いシャツ。
ピンクじゃなかった(笑

そして1曲目。


奏(かなで)

オーキャン横浜2日目再び、ですね。
私参戦してないですが。
1曲目にこれ歌っちゃうのって、いかにもスキマさんらしいよね。

しかし、大橋くんのピンク衣裳遭遇率の高い&奏遭遇率の低い私にしては
今回は珍しいなーと(笑


まだダブルスベストを聞き込めていないので、細かいアレンジ(フレーズ)が
どれくらい同じか(違うか)は残念ながら分からず。



そしてバンドメンバー登場。


ガラナ

ダブルスアレンジの出だしに(つまりはスローテンポ)会場の手拍子を
歌いながら手を上げて制する大橋くん。
ニヤっと笑ったその表情に、私も思わず笑ってしまう。

まだダブルスベストにみんな慣れてないし、
このイントロ聞いたらインテンポで手拍子しちゃうよねー。

ツアーの頃にはさすがに定着する(だろう)から
こんな現象も起きない(はずだ)から
これは新鮮だと。

いや、ツアーではさらにありえんアレンジをしてくるかもしれないか。
いつだってスキマさんってひとはそうですからね(笑


にしても、アレンジが激かっこいい。
特に2番最高。種子田さんいい仕事してたー
あー、これほんともっと聞きたいーーー。
残念。(もう聞く機会はない。私はもうダブルスツアーまで予定無し)


ボクノート

うわっ。
これ聞けるとはまったく思ってなくて。
うれしかったなー

この曲、もうライブのたびに歌ってくれていいんだけどな。
ダブルスベストとは違って、という言い方はなんだけど、
なんていうか意外と熱いアレンジだったよーな。
いっつもこんなだったっけこの曲。
シンタくんのグリッサンドとか、この曲で見た記憶あったかな。
っていう感じなんですが、私の記憶では甚だ心もとないので
あまり当てにはなりませんすみませんが。


ユリーカ

この曲、問答無用でかっこいいのだけど、
もう出だしからとにかくかっこいいのだよねえ。
これダブルスだとどうやるんだろ。



全力少年

バンドメンバー紹介のあと、ぬるっと始まったけど(笑
なんていうか、えっ、全力やるの? って心の中で思った。
なんか流れがそんな感じではなくって心の準備ができてなかった。
のは私だけかもだけど。

恒例のコール&レスポンスが全然できなくて、レベル落としてもなおできず(笑)
musiumツアーのときよりは簡単なんだけど、それが返って難しいというか
難しくはないんだけど、なんか上手く歌えず。

相当簡単にしたんだけど、それでもイマイチで大橋くん
「これでも無理!?」と驚愕。

ごめんねー。
私の場合、musiumの全力がとてつもなくツボで、
WOWOWのオンエア、テレビからダイレクト録音でポータブルに入れて
もう完コピするくらい聞き込んじゃってるので(笑
全然対応できなかったのです。

何がツボだったかってのは厳密に言うと、コール&レスポンスに入る前の、
オフマイク気味に歌うスキャットのところなんだけど。

コール~が始まってからよりも、そのスキャットなのですよ。
この部分音量アップして聞いてるくらい。
だから、スキャット終わったら音量戻さないと大変なことになるという(笑


・・・えー、なんの話してるんだ?
話戻って。

あー、そうそう、そして初めて、ではないかな、どっかで見た気もするけど
舞台落ち。

あーやったよ。
ダブルスベストのCMといい、音霊では物販に立ったとかいう噂もあったりだし、
なんかそういう流れになりそうな気がしたのだけど。

しかし、ほんと危ないからやめた方がいいって。
舞台に向かって左側の通路に降りてきて、ほどなく停滞(苦笑
もう、全然前に進めなかったものね。
それくらい両サイドの突進がすごくって。
それでも私の2、3メートル斜め前くらいまでは来たのかな。
でもそこで断念してステージに戻って。

言葉じゃなんとも伝わりづらいけど、軽いドミノ倒しみたいなもんですよ。
私が見てて怖かったもん、ありゃ大橋くん怖かったでしょうな。
いや、一番怖いのはお客さんか。
ほんと事故になりかねないってあれじゃ。
だから舞台落ちはやめなさいってほんと思うんだけど。

ってか、私の後ろを通って右側の通路からステージに戻るつもりだったんでしょ!?
うわー、千載一遇のチャンスがぁぁぁ。
ハイタッチくらいできただろーに(笑
もー、大橋くん一気に走り抜けて突破してくれればよかったのにーー
(さっきと言ってること違う・爆)



~アンコール~

アンコールはダブルス(つまりは2人)での
ラストシーン


この間のオーキャンで勝手な妄想しかけたけど、
ダブルスではアウトロは普通に、というか静かに終わった。
けど、そんなのは全然問題じゃなく、ひたすらに歌がものすごかった。
大サビから鳥肌が止まらなかった。こんなのはじめて。
これが俗に言う鳥肌が…ってやつなんだと(笑)

大橋くんの歌はもちろん、シンタくんのピアノもものすごかった。
ダブルスでこんなになるなんて、このひとたちほんとすごい。

あーダブルスツアーが楽しみすぎてしょうがない。

もうこれ聞けるなら他になにもいらない、とは言わないけど(笑)それくらい。
ここまで思ったのははじめてかも。



MCでは、このめざましライブ、毎年恒例のようになってきているけど、と。
で、毎回とても楽しいと。
見える景色も違うし、と言ったのはシンタくんで、
ガンダムが動き出すんじゃないかと思って見てたと(笑

で、(お台場合衆国で)いろいろ見ましたか? と大橋くん。
お化け屋敷とかもありますね・・・僕は入れないんですけど、と。
あらーそうなのー
って、私も苦手ですけどね。自慢じゃないですが一度も入ったことない。

こーゆう(と手振りを添えて)ジェットコースターみたいな怖いのは
全然大丈夫なんですけど、と言い訳してました

そしたら、ここめざましで使われてますが、会場から「一緒に行こー」と。

これに大橋くん、軽くキレ気味に「行かないっつーの」(笑
もう1回「だから嫌いなんだっつーの」と(爆


あと、ここはオンエアで使われてないけど、
「でも今そこ降りたときの方がよっぽど怖かったけどね」と。

あーやっぱり?
ってか、自業自得でしょうが(笑
ほんと危ないって・・・


ええと、前後しちゃったけど、ひとしきりこのMCしたあとに、
ラストシーンの説明をして。


もう、ほんと今回も楽しかったなー。
めざましライブ、時間こそ短いけど、ステージも近いし
やっぱ楽しい。
私も毎年の恒例にしたいなー。



ライブ終了後、何名か動き出して。
ずっと迷ってたんだけど、行けるなら行ってみようかと私も席を立つ。

この日、お台場合衆国、というかフジテレビの社屋に、
InterFMのスタジオが出ていて、
スキマさんがこのあと生出演することになっていました。
スタジオの場所も結局よく分からずなのと、
何よりこのライブ会場からフジテレビ社屋が微妙に遠いのとで
果たして間に合うかなと思っていたのだけど、
せっかく出入りしやすい位置にいたことだし(笑)行ってみようかな、と。


というお話は次の記事で。




【 2012/08/23 16:00 】

スキマスイッチ  | コメント(0)  |

DOUBLES BEST

DOUBLES BEST(初回生産限定盤A)(DVD付)DOUBLES BEST(初回生産限定盤A)(DVD付)
(2012/08/22)
スキマスイッチ

商品詳細を見る



この記事のタイトル、一応アルバムのタイトルどおりにしたけど、
敢えて違うタイトルをつけるなら、“賛否両論”でしょうかねー。

結論から言うと、私は「アリ」だと思いますが。
当分エンドレスリピートできそうです。
・・・とは言っても、ぶっちゃけ曲によって好みは色々ありますけど(苦笑

それはまあ、当然だと思うのですよね。
みんながみんな、全部が全部同じなわけはないので。

それでも言えることは、
こんなステキなアルバムを作ってくれたスキマさんが、
私はただひたすらに好きだということ。

それこそ賛否両論あるかもしれませんが、
できるだけ多くの人に聞いてもらいたい、と切に思う、
そんなアルバム、です。


ええと、ベストとなっていますが、確かにベストアルバムなのですが、
セルフカバーアルバム、です。

■ファン投票による初のセルフカバー・ベストアルバム発売!!
2003年7月9日のデビューから満9周年を迎え、10周年記念イヤーへと突入したスキマスイッチ。
(中略)
そんな彼らが、スキマスイッチ全作品の中からファン投票により選ばれたリクエスト曲をたった2人だけでリアレンジ&新録した、初のセルフカバー・ベストアルバムをリリースいたします。
弾き語りスタイルあり、ピアノ二重奏あり、打ち込みあり、それぞれギターやピアノ以外の楽器を使っての演奏ありと遊び心たっぷりに全曲を完全リメイク!


公式HPより。
ついでに、詳しくは特設サイト(こちら)参照。


スキマさんはライブ、特にツアーでは毎度毎度
ありえないくらいのアレンジをしてくるので、
一体どんなアルバムになることかと思っていたら・・・
まあ、とても一言では語れない。



というか、応募者全員プレゼント(PVのDVDがもらえる)の締め切り目前なのに
まだ出してないし、ほんと、感想はもう、山のようにある。

しかもメインのアルバムについてだけじゃなくって、
特典DVDとかCDとか、あまりに盛りだくさんすぎて
もうどうしたらいいか分からないくらい(笑

とりあえず、全プレの応募をしたら(感想を書く欄があるので)
ある程度まとまると思うので、それまでの仮で。
・・・いや、特典DVDはいつ見れるんだろ私。
そのうえこの後めざまさしの記事あげるつもりでいるのに(爆





締め切りギリギリで全プレの応募を済ませ、ようやくここから仮の記事の続き。
もっともレビューったって解説できるわけでもなく純然たる感想ですが。



続きを読む ⇒
【 2012/08/22 23:09 】

スキマスイッチ  | コメント(0)  |

店頭DAY

CA8S522V.jpg


セルフカバー・ベストアルバム『DOUBLES BEST』発売記念!
山野楽器×スキマスイッチ“店頭DAY”開催!
8/21(火)、22(水)の二日間、銀座山野楽器本店にて、スキマスイッチ店頭DAYを開催いたします!


公式HPより。

銀座山野楽器本店といえば、いわずと知れた「ボクヤマノート」があるお店でございます。

で、つまりはこちらでダブルスベストを購入すると、
素敵なグッズが当たる抽選会に参加できるという、そういうお話でございます。


というわけで。行ってきました。

抽選会場が、1階の銀座通り入口とあったのだけど、
えー、銀座通りってあのメインの入口でしょうと思いながら行ってみたら。

いやー、びっくり。
ほんとにあの入口にそれはものすごいブースが出来ててたまげました。

お店の中のブースなら全然驚きませんが、この入口、
ってかもう半分外みたいなもんだけど(苦笑)
ここにでーんと構えられてて、いやーすごい。

それを横目に見つつ、入店しレジで予約済みのダブルスベストを購入。
そして、抽選会参加券をもらい、会場を促される。

ええ、あそこですよね。
ってか、これちょっと恥ずかしいぞ(爆

入口のブースには、ダブルスベストはもちろん、
今回の収録曲のシングル(および収録されてるアルバム)が順位順に掲示されてて
さすが銀座山野、素晴らしすぎる。

抽選会は、昔ながらのガラガラ回すあれです。

で、その抽選グッズは、
A賞:DOUBLESトート×20名
B賞:「ラストシーン」ハンカチ×40名
C賞:ダブルスベストのポスター×50名

で、参加賞としてオリジナルポストカード。

ポスターもらってもぶっちゃけちょっと困るし(爆
ここはやっぱトートバッグが欲しいなあと思いつつ、しかし
私にそんなクジ運あるわけないので、まったく期待しないでハンドルを回す。


店員さん「おっ!!」

!?

オレンジの玉が出てきました。
前の人のを見てて参加賞が白い玉なのを確認してたので、とりあえず違うらしいことが分かる。


CA8MS0CA.jpg


なんとまさかのB賞当選。

このハンカチ、刺繍糸の色が水色のも置いてあったのだけど、
店員さんから問答無用でこのオレンジをもらう(苦笑

まっ、オレンジかわいいのでいいですけど。

ビニール袋の裏にはNOT FOR SALEの文字が入ったシールが。
我ながら単純だけど、ちょっとうれしい。


そして、実は公式にもアップされてたのだけど私は知らないで行ってしまったのだけど
お店の中で、あのCMの特大ポスターが展示されてるとあったので、見に行ってみた。


■セルフカバー・ベストアルバム「DOUBLES BEST」発売記念!
『ふたりと、みんなでつくる10周年プロジェクト“スキマスイッチとCMをつくろう”』
特大ポスター展示中!

CM撮影当日にみなさんに描いてもらった、スキマスイッチの似顔絵ピースサインと、
みなさんに一行ずつ書いてもらった、スキマスイッチの歌詞で素敵なポスターが出来ました。
お見逃しなく!!

展示場所:銀座山野楽器本店階段スペース




この階段ってのが、てっきり入口(銀座通り側ね)の方だと思って行ってみたらなくって、
もう1回1階のフロアに上がって、そうか反対側にもあるのかと。

もう結構長いことこのお店来てるけど、こっち側の階段って初めて降りました(爆
だってそもそも、地下1階に用ないんだもん。


CASIDGP3.jpg 


特設サイトにCMと、メイキングの動画が出てたのを前日に見たばっかりだったので
おー、これかーと。

・・・しっかし、このCM、テレビでお目にかかれるんだろーか。


CA594GB0.jpg


よく見ると、歌詞が手書きなんだけど、筆跡がワンフレーズごとに違うので、
これもしかしたら、このCMに参加された方に書いてもらったのかなーと思ってたら、
後日そうだということが分かった。

あ、ちなみに、スキマスイッチとDOUBLES BESTっていう大きな文字は
大橋くんの字ね。


・・・大橋くんの字と言えば、ってのは次のレビューで。
今回ばかりは久々に、本気で(?)レビューします。




【 2012/08/21 18:00 】

スキマスイッチ  | コメント(0)  |

公園通り

CASYTVV7.jpg

先月リリースのアルバム「80/20 -Bronze-」の
購入者特典としてのアコースティックミニLIVE、でございます。

当然、セトリもこのアルバム中心になるだろうということで
reviewは敢えてせず、こちらでまとめて(笑

というか、まあ、reviewをしなかった理由はまた別にあったりもするのだけど。

そんなわけで、本編についてはまたもや仮で。
って、いい加減このスタイルはやめるべきだと自分でも思うけど(爆

にしても、2週続けての渋谷。
んー、これもまた久々だなあと。

でも、公園通りという名のとおり、いつものエリアとはちと違う。
というか、ここ公園通りなのね。

昔ティーンズハートで公園通りでつかまえてっていう本があって
このシリーズ大好きだったなー。
もういい大人ですが、今でも読みたいと思う(笑
というか、あれ最後どうなったんだろ。

ってか、自分で書いてなんだけど、ティーンズハートって懐かしすぎる。
かなり読み倒したよなー。
って書き出すと恐ろしく脱線するのでやめやめっ。



画像のとおり、会場は地下。
なんだけど、これが駐車場の中を通っていく地下なので、つまりは下り坂。

で、6時半の開場5分前に到着したら、すでにかなりの長蛇の列(汗
いやー、まさかこんなに人多いとは思わず(暴言
その下り坂で止まって並んで待つので、これがまた何気に足が辛い(苦笑
MUSICASAの上り坂で待つのも辛かったけど、この下りもまた、足の指にくるという(笑

かくして5分押しくらいで開場。
中は会場のHPのとおり、なかなかステキな雰囲気でした。

椅子をめいっぱい並べて・・・立見の方もいらっしゃったかな、
70から80人といったところでしょうか。

私が入ったとき、ほとんど椅子は埋まってて、
でも立見は困る(爆)と必至に空席を探し、前から2列目で1つだけ空いていた席へ。
正直かなり近かったけど、立見はあまりに耐えられないので(苦笑

会場に入るときに、アンケート用紙も配られ、
アルバム購入者限定という、インストア的なライブだけど
しっかりライブでした。

そう、ミニライブという域はもはや超えていた(苦笑
ほんと、アルバムを購入とはいえ実質タダでライブを聞けたわけですから、
本人が最後に言い放ったくらいだけど、ほんとお得でしたね(笑

・・・来週もまた別件があるので(爆)できるだけ早く書きたいという
気持ちだけはありますが。。。んー厳しいかも(汗





やはり、というか予想通り見事に記憶が上書きされてしまったので
(だからめざましの前に書きたかったんだけど、今の生活ではとても無理なのだ・・・)
とうていライブレポにはならず、もはやただの感想でしかないけど、一応頑張る。

以下セトリ。

退屈な映画
鴉が鳴くから
プラグ
モダンタイムス
身から出せ錆


ノイズ
盲者の旅路
真面目な人
週末
愛しの理不尽

~アンコール~
コワイクライ
ラムネノーツ



当然ながら今回のライブ、80/20に収録されている曲目中心になるわけで。
ということはつまり、
ほぼstep by step@MUSICASA2日目と同じような内容になるわけで。

それは基本的に私の嫌いなものではなく、むしろ逆と言っていいくらいなわけで。

なんだけど、今回のライブどころか、80/20のリリース自体
ぶっちゃけテンションもあまり上がらずで。

なんだけど、それでもこのライブのためにわざわざ予約して
フラゲしてアルバム買ったくらいなわけで。
(それもライブというよりかはこの会場を見てみたいがためという)

その理由はまあ、色々あるのだけれど、それを書いてたら
いつまでたっても先に進めないので、置いといて。

と、そんなわけなので、今回のライブ、私にとっては
もはや新曲を聴くというのが唯一の目的。

なので、感想も新曲のみ。


「ノイズ」

これ、生で見るとギターがほんとかっこいいわ。
元々CD聞いたときからそう思ってはいたけども。

この3拍子というか(8分の6なのかもだけど)これがいいんだなー。
どこかで3拍子名曲説って話聞いたのなんだったっけ。
脱線するけど、3拍子というか8分の6というか、私大好きで。
あと、4拍子でも3連符のものとか。
このリズムに乗った旋律は、もれなく好きな気がする。

suzumokuでいえば、この後出てくる愛しの理不尽がその極みだし、
あとユーカリも3連符だし。
ちなみにスキマさんだと「雫」という名曲のほかにも
「かけら ほのか」っていうマニアックな曲も大好きです。
かけらほのかなんて、絶対ライブで聞けることはないんだろーな。。。


えーと、話戻って。
とにかく、「ノイズ」のギターがえらいかっこよかったのと、
あとCDではちょっと(だいぶ)気になった高音の声も、ライブだとさほど気にならずで。

でも、あれだな、私はこの人はあまり高い声は要らないんじゃないか思うけど
歌い手としては使いたいんでしょうかね。
これ、他の人にも(誰とは言わず一般論として)言えることなんだけど。
私、基本ファルセットはほんとにキレイに出てないとあまり好きじゃないのでね・・・。



「愛しの理不尽」

前述のとおり、この80/20、あまりテンションが上がっていなかった、
どころか下がったとまでは言わないけど(暴言)それに近いものがあったのだけど、
ラストのこの曲聞いて、あー、やられたなーと。
首の皮一枚つながった的な(どこまでも暴言

この声、この曲、このギター。
(歌詞の内容をも含め)これが聞きたかったんだとつくづく。


かろうじてこの曲に関してはライブレポらしきことを。

嫌なこと、諦めたこと、いろんなことがある、
そんな理不尽なことをなくそうというような世の中の風潮に、
そういった理不尽がなくなったら人は成長できないのではないか、
人は理不尽な中でいい意味での悪知恵をつけて生きていくものでは、

といった、かーなーりざっくりなんですが、ほんとはもっと
ちゃんと言葉を再現して伝えたいところなのですが、これが限界ですすみません。

そんなことを言ってました。


この曲、曲調で言えば、「街灯」にけっこう似てるのかなと思います。
歌詞の世界観はちょっと違うけど。
この曲に関しては何がいいって、この声でしょうやはり。
ガツンとした曲が好きだと言ってるわりには、というかだからこそ、
そんな曲の中にある、こーいった曲が、いいんだと思う。
すーっと心にしみるこの声、この曲、これからもこういう曲が聞けたら
それでいいなと。


アルバム一通り聞いた後、
この曲だけ相当しばらくエンドレスリピートしてました。
1曲リピートというやつです(笑
この聞き方する人って、あまりいないんでしょうかね。
でも私、昔からいろんな曲で、これやってるんですけど。


と言いつつも、先月リリースこそあったもののその頃は
PeriのE&Wがあったのと、何より個人的に絶賛オーガスタキャンペーン中で(笑
で、オーキャン終わったら終わったで翌週はDEPAの二人旅だったから
80/20は、ほんっとに先週初めて聞いたんですが(爆


・・・あっ、ここまで書いて思い出したけど、
このアルバム、本人はMCでbronzeって言ってた(汗
それ聞いて、ああそうだったのかと。
Ni(ニッケル)に対してブロンズなんだよね(汗


にしても、ものすごい暑そうでしたね。
ま、確かにこの日は暑かった。
で、このセトリですからねー。
「普通アコギの弾き語りといったら、ゆったりした癒し的な感じかと思いますが
違うので覚悟してください」みたいに言ってましたね。

ギターは2本使い分けていて、
セトリで分かれたところで変わった・・・と思うんだけど
まったく自信なし。
しかもどっちがどっちだったか(爆
んー、最初がヤイリだったような気がするんだけど。
そろそろギターの見た目で分かるようになりたいんだけど
一向に覚えられる気がしないんだよなー。






続きを読む ⇒
【 2012/08/17 19:00 】

suzumoku  | コメント(0)  |

blast!再び

このブログの実質最初の記事が、このblast!でした。
あれから3年か・・・。
早っ。

そして、このブログが3年も続くとは。
こんなしょーもないブログですが、お越しくださった皆さまには
本当に感謝感謝です。


その前回と同じ、大学時代の友人と観に行ってきた。
会場は、東京国際フォーラムホールC。
東京公演の初日でございます。

1部と2部の間の休憩で、ロビーでのパフォーマンスがあるのだけど、
出遅れてほとんど見えなかったのだけど、
今回の公演のイメージキャラクターとして宣伝してる、はるな愛がいて。
テレビで見るあのまんまの衣装でかなり派手だった(笑
あと、その隣りにいたのは、クリス松村っぽいんだけど、これは自信ない。


本公演は、前回に比べて、特にパーカッションがパワーアップしてたなあと。
もうすっごい迫力で、ほんと楽しかったー。
あと、照明の効果も、前回以上に際立ってたような。
もちろん、ブラスの演奏も、カラーガードとかバトンのアクロバットももちろんすごくて。


この友だちとは例年夏は旅行に行ってるのだけど、今年は(今年もか)私の都合で
旅行はやめたのだけど、それなりに夏らしいイベントを満喫できたと思うので
よかったかなと。

もっとも終演後はそのまま解散したのであまり話せなかったから、
今度はがっつり飲みで、という約束をして。
・・・って、もともと定期的に会って飲んでるくせにね(苦笑



【 2012/08/16 19:00 】

classic  | コメント(0)  |

五輪総括

なんて仰々しいタイトルに見合わない内容だけど。
前半戦を書いてしまった行き掛かり上というか。

とはいえ、もう既に遠い記憶になりつつあるけど(爆

前半戦で書かなかったけど、バドミントンの女子ダブルスとフェンシングの男子団体の試合を
リアルタイムで見てたのだけど、これがすごい面白かったなーと。

バドミントンは知らない人はいないと思うけど、それが競技となると、
ん? バドミントンって何点だったっけ? と一瞬考えてしまうくらい(21点ですね)
細かいルールも分かってなかったりするのだけど、

そして私たちがいわゆる遊びでやるバドミントンとは
もはや別物であることも分かってはいるけど(これは卓球とかもそうですね)

こうして改めてちゃんと見てみると、ほんとすごかったなーと。
手に汗握る戦いとは正にこのこと。


一方、フェンシングはルールに関してはもはや全く分からずで、
しかも実際試合を見ていても、あまりに難しすぎて、日本がポイントを取ったかどうかも
もはや分からず盛り上がりたくても盛り上がれないという切なさもありつつ(苦笑

でも残り2秒でのポイントなんてのは、ほんと鳥肌モノでしたね。

2秒て。
アメフトで残り4秒で得点したのを見たことあるけど、
さすがに2秒ではどうにもならないんじゃないかと思ったので。


他にもアーチェリーとか、普段ならなかなか見ることのない競技を見たりして
それがまた面白かったりするので、だからスポーツって楽しいなと。

あ、普通スポーツが楽しいっていうのは、やるのが楽しいんだと思うけど、
私の場合、完全に観戦専門なので(苦笑
まったくスポーツ経験ないし、やりたいともあまり思わず(爆

でも見てるのがひたすらに楽しい。
しかも、たぶん経験がないのが逆にいいんだと思うけど、
見るだけだから、ほんと雑食というか(笑)特定の競技じゃなくて
ほんとに何でも見るので。
もちろん好みはあるけれど、押し並べて見ております。



そして、その五輪が終わったら、というか厳密には並行してましたが、
甲子園が開幕し、引き続きテレビ観戦三昧な日々(苦笑
その話は・・・書きたいところだけど、果たしてそこまで書けるかな。。。




【 2012/08/12 18:29 】

sports  | コメント(0)  |

ほろり二人旅

DEPAPEPE ワンマンライブ 「ほろり二人旅2012」
@渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE


CA9L1RL5.jpg CAC4AL2N.jpg


またもや写真のみ(汗

去年の野音以来。まる1年ぶりって信じられなすぎる。
ここまで長かった(涙

あ、いや、ライブはたくさんあったのですよ、念のため。
私が参加していないというだけで。


そして会場はここ、念願のプレジャープレジャー。
説明不要だけど一応すると、スペースシャワーTVザダイナーの上にある
こちらはれっきとしたライブハウス。
といっても、もとは映画館だったのを改装したもので、
外観も内装も、まるで映画館でした。

そんな念願のプレプレ、チケットが届いたのが先月末。
なんだけど、席番号を見て驚愕。

2階て・・・2階席あんの!!??

そもそも2階席があるとは思ってなかったし(←勝手な思い込み
オーキャンがなまじ(私にしては)いい席だっただけに余計にショックが大きい。

・・・まあ、愛が足りなかったのは自負しております(爆
ほんとオーガスタ一色でしたからねえ。
ひたすらスキマ&福耳しか聞いてなかったんで。
ええ、しょうがないと思います(笑


例によって、できるだけ早く追記を・・・ってのはもはや書かなくていいな(爆




続きを読む ⇒
【 2012/08/10 19:00 】

DEPAPEPE  | コメント(0)  |

雨のち晴

Office Augusta 20th Anniversary
Augusta Camp 2012 in YOKOHAMA
@横浜赤レンガパーク 野外特設ステージ


CAW8B5AO.jpg

仮というか、写真だけ(笑

CACU211J.jpg

B9ブロックからの景色。
9っていうのはかなり右サイドなのだけど、去年Gブロックだったことを思うと
かなりな進歩(苦笑
スキマさん10周年イヤー突入ということで、ようやくそれなりの効力を発揮したか。
※スキマFCで取ったチケットです。10周年の来年こそAブロックが来ると勝手に信じてます(笑

CAR2MPSL.jpg

夜の景色。
一番後ろのブロック(H)の後ろから。
写りのよくない画像だけど、ステージ(の左のビジョン)の隣りにマリンタワーがあるのです。


2daysの初日に参加。
連日の猛暑で日焼け対策を入念にせねばと、ついに今年はアームカバーを投入。
それでも、家を出る直前に、やはりカッパを持つべきかと思い立つ。
いやー持ってってよかったー(苦笑

ってか、去年に続いての雨、しかも今年はオープニング早々っていう
一体どうなるんだって始まりでしたが、まあ終わりよければという言葉のとおり、
とっても楽しかったので良い思い出です(笑


・・・鮮度が落ちないうちに(汗)できるだけ早く追記する・・・予定。。。






続きを読む ⇒
【 2012/08/04 14:00 】

*AugustaCamp  | コメント(0)  |

前夜祭

っていうタイトルには見合わない内容のなさですが、オーキャン前にこれだけは。





結局レビューもできないけど、福耳の新曲「LOVE&LIVE LETTER」です。
これ、ほんといい曲で、でもってこのPVもすごい好き。
ほんと楽しそうで、オーガスタはほんとステキだわと。

FM802で、もうだいぶ前だけど(汗)3時間福耳スペシャルっていう
すごい番組をやっていて、今はスマホで聞けるというとってもステキな時代になりました(笑
これ聞いたときもすごい面白かったんだけど、私はまあ正直なところ
オーガスタファミリーとはオーキャンでしかお会いしないのですけれど(汗
でもほんと、すごい個性的な歌うたいの集まりだなあとつくづく。

今回の新曲(LLLと略すのがいいのだろうか?)、さかいゆう君プロデュースで
ほんと、ゆう君いい曲作ったわと(笑

ピアノのイントロで決まりってのがまずあるんだけども、
壮大なスケールのメロディと、歌ってる歌詞の内容もよくって
なんともステキな曲になっております。

ゆう君がそれぞれのメンバーに合った歌詞、というのかな
をイメージしたというだけあって、なんか全部のパートがほんとすごいツボで。

1番のAメロはゆう君⇒大橋くんで、大橋くんのところは
「目覚める前の魂に」の「魂に」に音の下がり方と
「シックスティーンノーツの」の「ノーツ」の上がり方が歌い方が個人的に好き。
そのAメロは2番だとサダさん⇒山さんなのだけど、
サダさんの歌声と歌詞がなんかすごい合ってる気がするし
山さんのところは「差出人は不明だけど」の「不明」の「ふ」の音(←細かい
ここがすごい山さんらしい感じがする。

で、Bメロは1番が秦くんで2番が長澤くんなんだけど
秦くんのパートはBメロの前半、「歌われることを待つメロディ」の「ことを待つ」のメロディが
秦くんの声によく合ってる気がして、
それが長澤くんだと逆に後半の「手紙のように明日へ届く」の「のように」の声が
すごい長澤くんらしい(私の思う「らしさ」です、あしからず)

で、繰り返すけど、PVがほんと楽しそう。
そうそう、PVには洋介さんも出ているのね。
あと、手紙を書くシーンで、杏子さんとゆうこさん左利きなのねー。
大橋くんは相変わらず字が綺麗だわ。


さっ、いよいよオーキャン。
楽しみだーーー



【 2012/08/03 23:54 】

music  | コメント(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。